ヨガインストラクター

吉田紗弥

吉田紗弥のプロフィール詳細です。

キャリアサマリー

吉田紗弥(よしださや)

1984年 四国徳島県出身。裕福ではなかったものの真面目な父と母と三人姉妹の長女として育つ。母親は自宅でピアノ教師をしていたため毎日ピアノの音を聞いて過ごしていた。父はギターやトランペットを演奏するのが好きで、音楽好きの両親の影響もあり姉妹揃って学校での部活は吹奏楽部に所属。大学では軽音楽部に所属し、芸術にあふれた充実した学生生活を過す。

社会人になってからは得意だった英語を活かし、ホテル業界へ就職、そして海外生活を体験。カナダ、アメリカでの生活は可能性に溢れ、田舎で育った私にとっては全てが新鮮で毎日が冒険のようにワクワクしたものだった。移民を受け入れる国は皆、人種、ジェンダー、年齢、国籍関係なく、皆が様々なバックグラウンドを持ち、自由に、また他人に寛容で伸び伸びと生活を送っているように見えた。学校の授業はディベートやディスカッションなども多く能動的で、同性愛のカップルが堂々と手を繋いで散歩し、上司ともファーストネームで呼び合い、能力があれば給料交渉をし、エレベーターやバス停でのスモールトークなど、自分の意見をまっすぐ言える雰囲気がとても魅力的で、日本へ帰りたくないと思いながらも泣く泣くビザの関係で帰国。海外経験を活かしたいと考え東京の外資系ホテルへ就職する。

しかし、家と会社を往復するだけの毎日が続き、海外にいた時の余裕はなくなり、「空気」を必死に読み、組織に馴染むよう、周りの目を気にするようになる。「女だから」「彼氏は」「そろそろ結婚は」「将来子供は」など言われるたび、周りと比べ、焦りと不安は募り、仕事の愚痴や生活の不満が多くなり、「カナダにいたときは〜だったのに」「アメリカにいれば」などと環境や仕事、周りの人のせいにし、自己肯定感も低く、卑屈な毎日を過ごすようになる。

海外への憧れを残したまま、幻を見るかのように、東京でできた外国人の友達や、同じような仲間と朝までお酒を飲み、幼い頃大好きだった音楽の楽しみ方は、この頃はカラオケやクラブで憂さ晴らしをし、遊び続けるように。日中はお客様の前で静かに礼儀正しく振る舞い、仕事が終わった途端、人が変わったように、夜の渋谷や六本木に繰り出すということを繰り返す。

そんな毎日を過ごしているうちに次第に体を壊し始めます。気性が激しくなり怒ったり泣いたりが多くなり、睡眠障害や、不安感、焦燥感は次第に強くなっていった。

当時の交際相手に勧められた心療内科で双極性障害といううつ病と診断され、病院に通いながら仕事を続けたが、症状はひどくなる一方。ある時出勤してもお客様の前に立つと震えるほどの不安感に襲われ、もうこれは仕事ができないと判断、上司に相談し、休職、そして自分から降格を願い出て当時の役職を降格。休職してからは薬の副作用に悩まされ、一日中寝てばかりを過ごし、対人関係は希薄になり、誰とも話さない日々が続く。心配してくれていた心療内科を勧めてくれたその交際相手も去っていった。

「人生お先真っ暗」「何か自分は悪いことでもしたのか」と泣き崩れている毎日を過ごしていた時、アメリカで過ごしていた友人の「ヨガはとてもいいよ」の言葉を思い出す。運動とは無縁の人生でしたが、自分の健康を考え、近所の小さなヨガスタジオに通うようになった。

ヨガを続けていくうちに体調も次第に回復、薬も減り会社に出社もできるようになる。ヨガのレッスンでは綺麗な先生たちが優しくキラキラ輝いている姿に私もこうなりたいと思うようになり、RYT200を取得することを決意。リラヨガ・インスティテュートに入校。

アーサナ、呼吸法、食事で体がどんどん変わり、何より哲学を学ぶことで胸のつかえがなくなるように感じ、そして今まで出会わなかったたくさんの仲間に出会うことができた。同じうつ病を経験した人、生死を彷徨ってヨガで救われた人、子育てや家族の悩みを持った人。様々な人が集まり、気持ちを分かち合い、励ましあう空間はとても素晴らしく、いつの間にか薬も病院も行かず、元々あったアレルギーでさえもほぼ出ないような体にまで変化していった。

現在はリラヨガ・インスティテュートのインストラクターとして対面でのレッスンを担当するほか、オンラインレッスンも行なっている。趣味は旅行、音楽鑑賞、映画鑑賞。

保有資格等

  • 全米ヨガアライアンス200時間ティーチャートレーニング(ヨガエバンジェリスト・コース)修了

メッセージ

「ヨガに出会い、ヨガの教えを学んだことで、今まで過ごしてきた暗い日々は絶対に無駄でなかったと心の底から思えるようになり、ヨガをするようになってから自分の人生、自分自身を認める事ができるようになりました。物の見方も随分と変わり環境のせいにしていた昔に比べ、素晴らしい部分に目が届くようになりました。海外に執着していた気持ちを手放し、今いる環境に感謝できるようになりました。「日本はとても安全で平和で清潔、そして私たち日本人は地震や災害などが多いにもかかわらずお互いに助け合う素晴らしい国民であり四季を楽しむこともでき、歴史が長くたくさんの神社仏閣、昔の街並みなどを楽しむことができる」と。

そして気づけば、アメリカで友人が私にヨガを勧めてくれたと同じように私も周りの人にヨガを勧めるようになり、現在私はありがたいことにヨガのインストラクターや事務スタッフとしての活動とホテルのお仕事もさせていただいています。対人関係も変わり、優しく尊敬できる人たちに囲まれ、なんでも話せる人生のパートナーもできました。ヨガを始めてから人生が大きく変化し自分でもびっくりしています。「報われない」「どうせ私なんて」と思っていた過去の自分はいつも間にかどこかへいなくなっていました。

もしも以前の私のように「人生お先真っ暗」と肩を落としているようでしたらぜひ一緒にヨガを深めていきましょう。ヨガには私たちの無限の可能性を引き出してくれるものがあると心から思っています。きっともっと人生が愛おしく美しいものに思えてくるはずです。

レッスンに来ていただく皆様と何歳になっても自分の可能性を信じながら、一緒にこのヨガの素晴らしさを実感していきたいと思っています。ヨガで人生が変わっていく楽しさをぜひ一緒に味わっていきましょう。」

吉田紗弥先生のヨガ哲学小話

今から約2000年前に成立したヨガの根本経典「ヨーガ・スートラ」には私たちの生活をよりよくしていく賢者の教えが記されております。

その中から私の人生を変えた一説を紹介いたします。

「神に全てを委ねることによってサマーディーは達成される」。

この一説を聞いてなんだか怪しい・・と思われた方も多いと思いますがぜひ最後まで聞いていただければと思います。

ヨガでは「神様」というのは私たちの目の前に広がる世界全てのことを指し、目の前に差し出されるありのままの世界という意味になります。サマーディーという意味は「至福感、恍惚感に包まれた状態」を指します。

ですので、この一節は私たちの目の前に差し出されているありのままの世界を受け入れ、身を捧げていくことで至福感を得ることができる、という教えになります。

私たちは普段、望むことが目の前に差し出された時、感謝の気持ちを表したりすることができます一方、自分の望まない現実が指し出された時、途端に目の前の現実から逃げようとしてしまいがちです。しかしその望まない現実の背後にあるものこそが私たちの人生を変える深いメッセージであり、私たちの人生の可能性を広げるギフトとなるのです。

例を挙げると、苦手な上司から苦手な仕事を頼まれとき、辛そうだ、嫌、という現実を拒否するのではなく、それをありがたく受け入れ、その流れに身を任せていくことで、苦手な上司との付き合いが苦痛に感じなくなったり、あるいはできなかった仕事ができるようになり、仕事の幅も広がり、それが昇給や昇進につながり、人生の可能性が広がっていくのです。

ふとした瞬間に友人が発した言葉の中に家族からの何気ない忠告の中にまた、たまたま手にとった雑誌や広告など目の前に広がる世界には生を光ある方向へと導いてくれるメッセージがたくさん差し出されているのです。世界と自分の間にくっきりと境界線を引いて望まない現実から目を背けるのではなく思い切って受け入れ委ねることによってこそ、その先には思いもしなかったような新しい人生の扉が開かれ至福感と充実感を得ることができるのです。

10年以上私の話ですが周りでは結婚する友人が増え、自分も結婚をしたいと焦るようになりました。友人たちは会社関係、紹介などで知り合い結婚していきました。焦った私は同じ独身の親友と、合コンや紹介などで婚活をはじめました。しかし運命の相手見つけることができずに数年経ち毎日焦る気持ちが募る一方したある時その親友がマッチングアプリを始め、さらに結婚相談所にも入会、私にも相談所に入ることを薦めてきたのです。

彼女があまりにも熱心に薦める様子を見ながらも、日常での自然の出会いが良いなどと乗り気はありませんでした。けれども一向に婚活は進まず気はますます焦るばかり不安な日々過ごしていましたが、ふと気付けばたくさんのメッセージが私に向けて差し出されることに気がついたのです。

電車に乗れば縁結びエージェント」広告YouTubeを開けばマッチングアプリの可愛いお姉さんの広告, インスタにも本気で始める婚活」の文字が・・両親からもお見合いの話を持ち掛けられ、遠方に住んでいる友人結婚式に参列した際にも聞けば出会いはなんとマッチングアプリ。の友人からもそのアプリを勧められました

抵抗があったもの思い切ってマッチングアプリを一気に3つダウンロード相談所へ入会決意しました。すると新しい世界が開けていました。パーティーなどのイベントアクティビティに参加でき普段出会わない男性と知り合うことができたのです。「モテファッションアドバイス」などのセミナーに参加し、メイクレッスンやカウンセリングを受けるなど婚活以上の勉強もできたのです。新鮮で刺激的な婚活にウキウキしながらも、やはり一方で先に結婚していく友人を羨ましく思い、切なく寂しい思いはなかなか晴らすことができず、不安陥ったりこれで本当にいいのだろうかと悶々とする日も多々ありました。ある日、相談所のアプリを使って好青年らしき男性に会ってみるとランニングウエアで登場。ジムのインストラクターをやっている方で、初めてのデートの時間ほとんど筋肉の話で終わり、まるで解剖学を受けているかのような呆気にとられ戸惑った時間を過ごしたお見合いもあります

しかしこのような婚活を経て人生のパートナーと呼べる人に出会ったのです現在の夫となった人です。彼は仕事も、バックグラウンドも、年齢も一回り違い、今まで決して縁のなかった男性で。彼との出会う以前、自分と同年代の男性を優先していましたが、カウンセラーさんの勧めもあり、これもご縁だと思って年代の違う彼と会うことにしてみました。第一印象はまるで会社の上司初めてのお客さんとの接待のような緊張感があったのを覚えています。しかし、数時間話をしたのち緊張が解け、お互いの趣味である旅行で盛り上がり、その日からこまめに連絡を取り合うようになりました。今まで、年代以外の男性は自分から自然と距離を置いていたことに気づき、少しずつ自分の持っていた頑固なこだわり取れいくの感じられました。

そしてなんと出会って3ヶ月で結婚を決めてしまったのです。自分でもこの急展開には大変驚いています。

人生のパートナー出会うことができ、彼の友人を含めた付き合いも増え、たくさんの友人や家族とのつながりが増えました。人間関係の幅が広がり笑顔でいられることが増えたのです。

もしあの時私が頑なに自分の考え方に固執行動をとっていたなら今の自分はなかったと思うのですこの婚活はきっと目の前に広がる世界を素直に受け入れ、現実の背後にある可能性に目を向けたからこその結果だと感じるのです

私たちは、普段望まないことや苦手意識のあるものに対して背をむけ、目の前にあるメッセージを受け取ることなく過ごし人生の可能性の扉を閉ざしてしまう時があります。しかしそのメッセージこそが私たちの人生を光ある方向へと導いてくれるギフトなのです。私が思い切って苦手意識のあったマッチングアプリやお見合いを受け入れて人生のパートナーに出会うことができたように、私たちの目の前に広がる世界は常に人生に最適な出来事を差し出しているはずです。

現実が自分の望む方向と反対へ向かっているように思えても、ぜひ思い切って今自分を包み込む世界の流れに身を任せてください。その先には自分が思っていた以上の感動と素晴らしい人生の扉が開くはずです。

関連情報