東京学芸大学・自由が丘 - ヨガインストラクター資格養成スクール

【RYT200資格取得】ヨガファウンデーションオンラインコース卒業生の声

ヨガの基礎知識を自宅にいながら体系的にマスター修得できる全米ヨガアライアンス(RYT200資格取得)認定ヨガファウンデーション・オンラインコース。今回はこのコースを卒業した会社員の荒瀬若菜さん(28歳)からのレポートをご紹介します。荒瀬さんは2021年2月からヨガファウンデーション・オンラインコースの受講を開始しました。2021年中にRYT200資格を取得したいと思っていたが、仕事が忙しくてなかなかスクールに通って授業を受ける時間を作ることができない。そんな荒瀬さんの希望をかなえてくれたのが今回のコースでした。

 


 

 

ヨガの資格を取ってより深く学び、それを伝えていける立場になりたい!そう思っていた時にリラヨガ・インスティテュートディレクターの乳井真介先生に辿り着きました。どこのスタジオでヨガの勉強をするか、どの先生から学ぶのか。今後のヨガ人生をすごく左右すると思ったからです。乳井先生はインドやアメリカへも何回も足を運び、伝統的なヨガの精神性と現代的な解剖学を融合させた、ヨガの「本質」を伝えてくださる方です。

今回、初めてのティーチャートレーニングという事でオンラインで受けるのは少し抵抗がありましたが、今振り返ってみると自分にとってはすごくよかったなと思います。今年の2月初旬にヨガファウンデーション・オンラインコースを受け始めた時、私は新しい仕事がちょうどスタートしたタイミングでした。新しい環境に慣れながら、生活リズムを整える事で精一杯の毎日で、オンラインコースだからこそ、自分のペースで、空いてる時間で勉強ができたと思います。

コースはもちろん家でも勉強できます。ただ、私がよく勉強していたのは通勤途中で、仕事の休憩時間なども有効に活用しました。何度でも動画を見直すことができるので、通勤中に動画を見て、家に帰ってからもう一度調べながら勉強する事もできました。

コースは座学と実技で動画があり同時に進めていく事ができます。実技は1週間ごとにステップアップしていき、基本となる呼吸の仕方やターダ・アーサナ、スーリャ・ナマスカーラに始まり、立位のポーズ、座位のポーズ、応用のポーズまで一通り学べます。しっかりとしたテキストと動画の解説から各アーサナの土台の作り方やアラインメントの整え方を学ぶことで、今までとは違う心地いい感覚を得る事ができるようになり、より的確にアーサナを行えるようになったと思います。動画を見てもわからない部分に関しては、通学性の授業に回数無制限で振替参加できるところも素晴らしいと思います。

座学の授業ではヨガ哲学や解剖学、的食事法や呼吸法、瞑想法など、幅広い知識を学ぶ事ができます。座学を学ぶ事で、ポーズだけではないヨガの本質を理解し、日常生活に取り入れていけるようになりました。自分や他人との向き合い方を知り、無駄な衝突やストレスがなくなり、これまでよりも心地のいい生き方が出来るようになったと思います。

ヨガファウンデーションコースはRYT200のファーストステップです。だからこそ、自分のペースでじっくり時間をかけて勉強できたことは凄くよかったと思います。このコースをきっかけにしてさらにヨガの学びを深めていきたい。今はそう思っています。

コロナ禍でなかなかスタジオに通いずらい。子育てや家事で忙しい。アーサナだけにとどまらないヨガの本質を体系的に学びたい。一気にRYT200資格を取得するのは少し足踏みする。そんな方にぜひおすすめしたいコースです。

私はこれからもヨガを学び続け、素敵なインストラクターになれるように頑張ります!

 

 

現在荒瀬さんが受講したヨガ ファウンデーション・オンラインコースを特別価格で受講できるステイホーム応援キャンペーンを行なっています。あなたもヨガファウンデーション・オンラインコースで2021年、RYT200資格取得の第一歩を踏み出してみませんか?

コースの詳細はこちら