日本統合医学協会認定

メディカルシニアヨガインストラクター養成コース詳細

今後の超高齢化社会において、介護や医療の現場でも需要が高まるヨガ資格
メディカルシニアヨガインストラクター

訪れる超高齢化社会において今求められるヨガのアプローチを完全修得

3人に一人が60歳以上の超高齢化社会を迎えようとしている現在、高齢者に対するヨガの需要は飛躍的に高まっています。メディカルシニアヨガは、運動経験のない方も気軽に始められ、筋力の低下や骨粗鬆症はもちろん、高齢者特有の心身の不調の改善も見込めるヨガです。年齢と共に衰えがちな呼吸筋の機能が回復し、全身の血流も良くなります。体が動かしやすくなり、行動範囲が広がって脳への刺激が増えれば、認知症予防にも繋がります。また、自律神経が整い、心が落ち着く作用から老人性うつなどの精神的な症状の改善にも役立ちます。

息をひきとるまで健康で生き生きとした人生を送りたい。そんな高齢者たちの望みを叶えるお手伝いができるメディカルシニアヨガ。今後やってくる超高齢化社会において、介護や医療の現場でも需要が高まっていくことが確実なメディカルシニアヨガをしっかりと身につけてワンランク上のヨガインストラクターを目指してください。

こんな方におすすめ

  • 高齢者に対する適切なヨガのアプローチを身につけて自身のスキルアップを目指したいと考えているヨガ指導者の方
  • 医療機関や高齢者施設・介護施設等に勤めている方でヨガを取り入れたい方
  • 介護福祉士や介護ヘルパー、自宅で介護をされている方、家族の健康のためにヨガを学びたい方

得られるスキル

椅子やブロックなどを使った指導法の他、道具類をまったく使わずにできる指導法も学べるため、何もない公共施設や高齢者施設でもすぐに教えられるスキルが身に付きます。

このコースでは、運動経験がなく 100歳でも無理なく行えることを目指した20数種類のアーサナの指導法と軽減法を学びます。 プログラムは①立位 ②アームバランス ③バックベンド(後屈)④インバージョン(逆転) ⑤ヒップオープニングといった5つのカテゴリーのアーサナをバランスよく取り入れています。

最新の機能解剖学の知識に基づいて身体に無理な負担がかからないよう、正しいアラインメント(姿勢の取り方)を重視し、体が硬い場合や痛みがある人に対する負荷の見極め方も含めた、怪我をするリスクを大幅に減らす安全性の高い指導力を養います。

講義はオンラインで受講。シニアヨガの指導資格を2日間で取得

メディカルヨガインストラクター養成コース基本情報

受講期間:

  • 講義:6時間
    *オンライン受講
    *お申し込み後2週間程度で受講開始できます
    *受講期限3ヶ月間
  • 実技:15時間

定員 :

20名

取得可能資格 :

日本統合医学協会協会認定メディカルシニアヨガインストラクター資格

医療従事者に準じる医学知識を活かしながら、高齢者に対して心身に抱えている不調や症状を整えるアーサナ(ポーズ)を指導できるインストラクターを「メディカルシニアヨガインストラクター」とし、高齢化社会の状況のもと、安心・安全なヨガを高齢者に指導できることを証明する資格です。

受講資格:

  1. ヨガの基本ポーズの行い方を理解している方
  2. 日本統合医学協会認定メディカルヨガインストラクター資格保有者

※ 日本統合医学協会認定認定メディカルヨガインストラクター資格を保有していない方も受講可能です。その際、発行される資格は「日本統合医学協会認定シニアヨガインストラクター資格」となります。

開催場所:

  • リラヨガ・インスティテュート(東急東横線・副都心線「学芸大学」駅徒歩1分)
地図等の詳細

受講者の声

迫田京子さん

6年前からヨガインストラクターとして地域の方にヨガをお伝えしています。年々シニアの生徒さんが増え、より安全に無理なくヨガを楽しんで頂くためにメディカルシニアヨガの講座を受講することにしました。80歳の自分になりきってアーサナを行うことで、生徒さんの立場に立ってヨガを見直すことができ、軽減法の重要性を実感しました。完成形に至らなくてもそのプロセスをじっくり味わうこと、また筋力をしっかりつけることの大切さも学びました。現在東京都町田市でヨガ教室を4クラス開講しています。今後益々シニア世代の生徒さんが増えると思いますので、今回学んだことを正しくお伝えできるよう勉強を続けていきたいと思います。

迫田京子さんのホームページはこちら

飯島綾さん

「高齢者を理解するきっかけになりました。高齢者のための軽減法を学べたことが一番の収穫です。まずは足腰の弱っている両親に教えてあげたいです」

伊藤千佳さん

「タイムマシンに乗って自分も80歳になってみたことで、高齢者にとって何が辛いのか、どんなサポートがあればいいのかリアルに想像することができました。高齢者にとってはただ立つことさえ、真っ直ぐに背を伸ばすことさえ発見でした。このスキルは高齢者だけではなく老若男女誰にでも使えるスキルだと思います」

伊藤美香さん

「自分が80歳になったつもりで生徒役をやることがとても勉強になりました。高齢者にヨガ指導をする上での疑問が解決できてよかったです」

篠原智香さん

「70代、80代の方々の気持ちになってアーサナを行ったりリードすることができるようになりました。今後のインストラクションに生かすことができる内容ですぐにでも実践したくなりました」

メディカルシニアヨガインストラクター養成コースのカリキュラム詳細

高齢化社会で、安心・安全なヨガを高齢者に指導できるようになることを目指します

医療従事者に準じる医学知識を活かしながら、
高齢者に対して心身に抱えている不調や症状を整えるアーサナ(ポーズ)が指導できるようになります。
高齢化社会の状況のもと、安心・安全なヨガを高齢者に指導できるようになることを目指します。

実技カリキュラム

アーサナと軽減法

20種類以上のアーサナの指導法と軽減法を学びます。

  • ターダ・アーサナ=山のポーズ
  • パールシュワ・コーナ・アーサナ=脇腹を伸ばすポーズ
  • シャヴァ・アーサナ=屍のポーズ
  • ブルクシャ・アーサナ=木のポーズ
  • マカラ・アーサナ=ワニのポーズ
  • チャトランガ・ダンダ・アーサナ=四点杖のポーズ
  • バラ・アーサナ=チャイルドポーズ
  • シャラバ・アーサナ=バッタのポーズ
  • スーリャ・ナマスカーラ
  • ウシュトラ・アーサナ=らくだのポーズ
  • ウルドゥワ・ハスタ・アーサナ=上向きの手のポーズ
  • セツバンダ・サルヴァンガ・アーサナ=橋のポーズ
  • ウッターナ・アーサナ=強く伸ばすポーズ
  • ダンダ・アーサナ=杖のポーズ
  • プランク・ポーズ=板のポーズ
  • アルダ・マッチェンドラ・アーサナ=マッチェンドラのポーズ
  • エイト・ポイント・ポーズ=8点のポーズ
  • ジャヌ・シールシャ・アーサナ=座って片足を伸ばすポーズ
  • ブジャンガ・アーサナ=コブラのポーズ
  • バッダ・コーナ・アーサナ=合せきのポーズ
  • アドー・ムカ・シュワーナ・アーサナ=下向きの顔の犬のポーズ
  • ハラ・アーサナ=鋤のポーズ
  • ヴィーラバドラ・アーサナⅠ=戦士のポーズⅠ
  • サーランバ・サルヴァンガ・アーサナ=肩立ちのポーズ

座学カリキュラム(すべてオンラインにて受講・受講期限3カ月間)

高齢者特有の身体的特徴とアーサナ指導時の注意点

高齢者特有の身体的特徴とアーサナ指導時の注意点について理学療法士が一つ一つ解説します。

第1章  加齢に伴う運動機能の変化
第2章  加齢に伴う生理機能の変化
第3章  加齢によるバランス能力の変化
第4章  加齢に伴う歩行能力の変化
第5章  加齢に伴う精神心理面の変化
第6章  高齢者の疾患・病態上の特徴
第7章  高齢者に特徴的な疾患と運動時の注意点
第8章  転倒予防

メディカルヨガインストラクター養成コース費用

お支払い方法並びに注意事項等

支払い方法:

銀行振込となります

キャンセル料について:

以下のキャンセル料がかかりますのでご了承下さい。

  • コース開始日の1ヶ月前まで1000円。
  • コース開始日の10日前迄:キャンセル料30%
  • コース開始日の10日前以降:キャンセル料100%

コース費用

コース受講料

¥128,000(税込)⇒資格取得キャンペーン特別価格¥98,000(税込)

※ コース風景の撮影と簡単なアンケートにご協力いただきます。

メディカルヨガインストラクター養成コース開催日程

お申込み後の流れ

  1. 仮申込み完了(受講に関する自動返信メールが届きます)
  2. 受講料の振込み(1週間以内に受講料を指定の口座にお振込み下さい)
  3. 受講に関するご案内の送付
  4. コース受講!

開催日程一覧

メディカルシニアヨガインストラクター養成コース 2023年冬期コース

状況:募集中

実技日程:
2023年1月17日(火)、18日(水) 各10:00-17:30

講義:オンライン受講(受講期限3ヶ月間)
※ お申込み後2〜3週間程度で受講を開始出来ます。

日本統合医学協会認定メディカルヨガインストラクター養成一覧