インストラクター

橋口昌弘

橋口昌弘のプロフィール詳細です。

キャリアサマリー

橋口昌弘(HASHIGUCHI MASAHIRO)

1973年生まれ。兵庫県出身。

5年間2社の大手人材関係会社のサラリーマン営業職を経て28歳の時に起業。その後独立起業しインテリア関係の企業で15年間営業、管理、だけでなく社員教育など人材開発に力を入れひたすら企業価値を向上させることだけに心血を注ぐ。その後会社売却を経て現在は再起業したインテリア関連2社の代表取締役。趣味は旅行、お遍路

東京都大田区在住2児の父。

生まれ故郷は兵庫県姫路市、郡部に近い山の麓で育つ。小さい頃は川で遊んだり近所の森林で木登りをしたりと自由奔放な野生的生活を送る。学校には1年通して半そで半ズボンで通し、帰りは川に入り全身ずぶぬれで帰ることもしばしば。

中高はサッカー部でひたすら部活に捧げ、高校卒業後上京。1年間の新聞奨学生生活、1年間の予備校寮生活を経てめでたく大学入学も遊び放蕩生活を送り学生にしてはけっこうな借金をこしらえてやむなく3年で中退。

それまでの自分の人生に悩み悩んで哲学書や歴史書を読み漁り、なんにために生きていくのか、生きる価値はなんなのか、何のために生まれてきたのかを考えた結果、考えてもしようがないのでただ前向きに生きると割り切り、自宅を家賃21000円風呂無トイレ共同の“神田川“生活を送り借金返済に努める。

良い先輩や機会にも恵まれ無事借金を完済。貯金生活に突入するが昔からふつふつと湧き上がる起業魂がところどころ頭に出現し、「起業しないのか?」と自分自身に問いかける時もちらほら。

2社目の退職時、次に働こうと面接に出かけた10社ほどの面接官(社長も含む)が一緒に働きたい人がいなかったという理由で、これは自分で始めるしかないと決意し起業するも1年後、ふとした出会いで業界転換して現在の内装工事の事業を開始。

ひたすら成長街道を進んできたがある時、ふとこれでいいのか?この生活が楽しいのか自分の人生の肥やしになるのか悩み始める。最初の起業はまぐれではないかと悩んだ結果、より早くより大きく成長できる機会を求めてM&Aに応じ会社を売却。売却先の会社の代表者を経て紆余曲折ありその会社を退任し、現在に至る。

20代の起業時、睡眠時間3時間の激務で心身ともに体調を崩し、最後はヘルニアで全治3か月、完治2年の生活を送っていた際に肉体改造計画で健康と向き合う生活の中でホットヨガと出会う。

汗だくも楽しいけれどヨガを続けるうちに自分でもヨガをより深く理解し、教えてみたいという気持ちになり、哲学から解剖学、食事療法など様々な角度から勉強ができるリラヨガの門をたたく。2020年、ヨガエバンジェリスト・コースを修了。ヨガ指導者としの活動を始める。

保有資格等

  • 全米ヨガアライアンス認定RYT200

メッセージ

ヨガを実践するメリットは自分自身に自信をつけることではないかと思います。自己肯定感を高 めることでダメな自分、辛い自分よりも頑張っている自分、よりできる自分に多くの時間を傾け ることでより豊かな人生がおくれるのではないかと考えています。

アーサナはその心を生み出す ためのアプローチとして休みなく真剣に取り組めばどのようなポーズでもできるようになります。 あっと驚く自分にであえるかもしれません。

また多くのビジネスパーソンに対して日々心身とも に戦う中で消耗した心と体のエネルギーを補充、増強させる機会として是非ヨガを活用してもら いたいですし、経営者としてのストレスコントロールやアンガーマネージメントにヨガを取り入 れた経験から一人でも多くのビジネスパーソン、ビジネスマネージャー、経営者のメンタルマネ ジメントに貢献できればうれしい限りです。

関連情報

リラヨガ・インスティテュート講師陣一覧