インストラクター

藤井由布子

藤井由布子のプロフィール詳細です。

キャリアサマリー

藤井 由布子(ふじい ゆうこ)

1984年生まれ、岡山県出身。

リラヨガ・インスティテュートにて全米ヨガアライアンス認定指導者講座、日本統合医学協会認定メディカルヨガインストラクター養成講座を修了。旅と温泉を愛し、温泉保養士の資格も持つ。

好奇心旺盛な学生時代・社会人生活を通じて欧米、中東、ヨーロッパ、アジアの国々など世界の多様なライフスタイルに触れながら過ごす一方で、産後はフルタイムママ(専業主婦)&ワーキングマザーを経験しました。その過程で、女性としてのキャリアのあり方や産後の体調の変化に戸惑い立ち止まったとき、「目の前の大切な人たちが心身ともに健やかな状態で、さらに自分らしく毎日を過ごせるような環境づくりがしたい」という思いに気づき、2021年より大手IT企業を退職しヨガインストラクターに転身。

リトリートプログラム等でヨガを指導する他、教育スタートアップでコーチングを担当。女性向けのウェルネスコミュニティの運営にも携わる。また、若年層のデジタルウェルビーイング向上のため、eスポーツ選手へのヨガクラスを主宰。

「多様性」と「心身に留まらない包括的なウェルネス」をテーマに活動の幅を広げる一児の母。

山と川と猿に囲まれた岡山の大自然のなかで幼少期を過ごし、体育教師の父の影響もあって山遊び、川遊び、水泳、陸上競技、バレーボール、ダンスなど、自然と身体を動かすことに親しんで育ちました。

18歳で上京し、大学在学中には好奇心のままに旅とストリートダンスに没頭していました。知らない世界を経験したい!という好奇心から、トルコ、ニューヨークへ留学の他、休みのたびにアジアの国々を旅して多様な思想や文化に触れるなかで、単なるエクササイズに留まらない、深い哲学体系を持つヨーガの世界の存在を知りました。

卒業後は民間企業で働くも、第一子の出産後には育児と仕事のバランスの取り方に葛藤し、さらには目まぐるしいライフステージの変化で体調不調に悩むことが増えました。

そんな自分を見つめ直した時に思い出したのは、妊娠中に通っていたヨガスタジオで耳にした人生哲学の話やゆったりとした深い呼吸をする時間、アーサナを通じて丁寧に身体の感覚と向き合う時間でした。それらが自分自身の中にある活力を取り戻すことに役立っていたことに気づきヨガを再開。レッスンを重ねるごとに、徐々に体調を崩さなくなり健康のバランスを保てるように。

2019年、ヨガをもっと学びたくなり、リラヨガ インスティテュートのドアを叩いたことが変化のきっかけとなり、インストラクターとして活動を始める。

保有資格等

・全米ヨガアライアンス認定ヨガエバンジェリスト・コース修了
・日本統合医学協会認定メディカルヨガインストラクター養成講座修了
・アクセシビリティリーダー育成協議会認定 アクセシブルリーダー(2級)
・温泉保養士(バルネオセラピスト)

メッセージ

私自身が健康のあり方や生き方に悩んだ経験から、毎日を頑張って過ごしている(そしてもしか したら頑張りすぎて時々疲れてしまうこともある)すべての方が、ヨーガを通じてご自身が本来 持っているエネルギーバランスやありたい姿を取り戻して、充実した毎日を送れるサポートがで きたら、それはとても幸せなことだなと思います。 古代の賢者たちから受け継がれてきたヨガの智慧とアーサナプラクティスを通じて心と身体の双 方を癒し、元気にし、これからの人生をよりあなたらしく過ごせるようなプラクティスをお届けしていきます。 レッスンでお会いできることを心から楽しみにしています!

関連情報

リラヨガ・インスティテュート講師陣一覧