東京学芸大学・自由が丘 - ヨガインストラクター資格養成スクール

ヨガとインドとカレーのトライアングル

みなさん、はじめまして。

毎週水曜、木曜のオープンクラスのとティチャートレーニングのアシスタントを担当しているアシスタントインストラクターの松岡愛美です。

なんだか最近カレーを食べる機会が増えた!
身体がスパイスを欲することが増えた気がする!
ヨーガを実践されている皆さんならきっと一度はこのように感じたことがあるのではないでしょうか。

そうなんです。私もそのうちの一人です。
私がヨーガに出会ったのは今から13年前。
当時の私はなぜかインドカレーにハマっていましてよく食べに行っておりました。
そのお店のインド人の方からヨーガという存在を教えてもらい、直感でこれだ!と感じた私は後に導かれるように出会うことになりました。
この時の私はと言えば、
インド=カレー=ヨーガ
この3つが切っても切り離せない呪文のようになっていました。
そしてヨーガを学べば学ぶほどに、インドへの憧れが強くなり、インドカレーを欲する身体へと変わっていったのです。
ヨーガを実践し、インドカレーを食べる機会が増えた私は…
・胃の調子が良い
・太らなくなった
・便秘解消
・冷え性が良くなった
・肌にツヤが出てハリが出た
・疲れにくくなった
・寝つきが良くなって睡眠の質が高くなった
・心が穏やかになった
こういった嬉しい効果が感じられました!
(あくまで個人の感想です)

思考だけでなく、ついに身体も欲するようになったと確信しました。
こんなにも大きな変化をもたらしてくれた憧れのインド。
そうして私は8年前に初めてインドを訪れました。
ヨーガの資格取得が目的ではありましたが、それと同じくらい現地でカレーを食べるというのが私にとって大きな楽しみでした。
日本で食べていたインドカレーともまた違っていて、それに北とか南とか地域によって特徴があったり違いがあるということも知りました。
何食べても本当に美味しくて、
インドでは毎日3食カレーを3ヶ月間食べ続けました。
飽きなかったどころか、味の違いや特徴が分かるようになってきたことが嬉しくてたまりませんでした。
長い間、休みなく、大いなる真剣さをもって取り組むことで見えてくる世界があるのだということを心から感じました(笑)

私たちは一言でカレーと済ませてしまっていますが、
インドでは「カレー」と呼ばれる料理はありません。私たちが思うカレーとはサンバール、コルマ、ダール、サグなどスパイスを使って煮込まれたインド料理を指します。
それに使っているスパイスの種類や分量で味はいかようにも変化します。
スパイスの存在がとても重要なのです。
インドでのスパイスの歴史は5000年以上前、インダス文明の時代まで遡ると言われています。
エジプトや中南米の国々との交易を境にさまざまなスパイスを使った料理がインドへ伝わり、今のインド料理の基礎を作ったと言われています。
スパイスの歴史もヨーガの歴史の起源と言われているインダス文明の時代だなんて、これはもうなにかの運命だと私は感じました。

インドカレーを語る上で欠かせないスパイスの存在。
カレーに使われているスパイスをいくつかご紹介します。
⭐︎クミンシード
カレー特有の香りはこのスパイスから。
消化器官に効果があり、消化促進の作用もあると言われています。
⭐︎コリアンダー
消化促進、駆風作用で腸内を調えお腹のガスを取り除いてくれます。
体内に溜まった毒素を排出してくれるデトックス効果があるので、積極的にとりたいスパイスの1つです。
⭐︎ターメリック
黄色い色付けに欠かせないターメリックとは、ウコンのこと。それに含まれる「クルクミン」は、肝機能を向上させ、コレストロール値の低下が期待されます。近年では脳機能活性化によりアルツハイマー病の予防にも効果があることが報告されています。
⭐︎カイエンペッパー
辛味成分「カプサイシン」は体脂肪を燃焼させてくれるダイエットの強い味方。
カレーの辛みを決める重要なスパイスでもあります。

他にもたくさんのスパイスが使われています。
スパイスをたくさん使ったカレーは、
食べる漢方と言えるほど健康効果が期待でき、美容効果もバッチリなのです。
それにインドカレーは小麦粉を使用しておりませんのでとてもヘルシーなんです。

なぜヨーガをしていると、カレーを欲するのか。
インド繋がりだからかしら?
私はずっと考え続けてきました。

「本場であるインド家庭では、体調や季節に合わせてスパイスを調合したりしています」

これこそが答えなのではないでしょうか。
〝今の自分自身と向き合い、自分の心と身体の声をしっかりと聞くこと”

ヨーガもインドカレーのスパイスも、
今の自分自身を向き合うことの大切さや、自分に合わせた最善の選択をしていくことを教えてくれます。
自分自身を良き方向へと導いていくための、
人生にとって幸せのスパイスなのだと思います。

 

皆さまの日常にもぜひ幸せのスパイスを取り入れてみてくださいね。
皆さまの輝きはさらに増し、日常に彩りを添えてくれることでしょう。

 

最後に私がおすすめのインドカレー屋さんを三店ほど紹介します。

スパイスボックス
神田にある日本人シェフによる南インド料理のお店。
シェフは南インド、ケララ州の五つ星ホテルで修行された方ということで本格的な南インドの料理が楽しめます。
看板メニューのフィッシュカレーは絶品なので、是非食べてみてください!!

プリヤ
広尾にあるインド人シェフによる北インド料理のお店。
スパイスの配合が絶妙で何を食べても美味しい。
特にタンドリープラウン、ビリヤニは一押し。
カレーの種類も豊富で、オーナーさんが好みに合わせておすすめしたり選んでくれたりしますよ!
オーナーさんは私の知り合いでもあります♪

ヴェジハーブサーガ
上野にある完全ヴェジタリアン、ビーガンのお店。
オープン時から人気の南インドのドーナッツ「ワダ」は絶対食べるべき一品です!
メニューも豊富で、ヴェジ料理は物足りないなんて先入観を吹き飛ばすだけの圧倒的クオリティを体験できること間違いないです。

ヨガとインドカレーの組み合わせ、みなさんもぜひお試しくださいね。

松岡愛美